社員研修を意義のある機会とするには何が大事?

社員の年齢や役職に応じた研修を取り入れよう

社員研修をスキルアップや仕事上の問題解決など意義のある機会とするには、それぞれの年齢の職種や役職に応じた研修を適切なタイミングで実施することが重要となります。特に、入社をしたばかりの新入社員に対しては、職種に関わらず全社員が参加する集合研修の機会を設けて、基本的なマナーや電話応対など社会人としての必要なスキルをひと通り学べるようにすることが重要です。一方で、勤続年数が長い社員に対しては、専門的な業務の内容について体系的に学べるセミナーやグループワークといった形式の研修を積極的に取り入れるのが有効です。その他、管理職研修の際は、一人ひとりの過去のキャリアを生かせるよう、場合によっては外部の各方面の講師にサポートをお願いして、少人数制の研修を計画するのも良いでしょう。

中途社員がスムーズに職場に順応できるよう心がけよう

中途社員の採用を積極的に行なっている企業において、個々の社員に採用後にしっかりと能力を発揮してもらうには、スムーズに職場に順応できるよう心がけて研修のプログラムを考えることが重要です。たとえば、年齢が若い人や転職の回数が少ない人については、新しい会社の風土や業務に慣れるまでに時間が掛かるケースも珍しくないため、研修後も継続して人事担当者や各部署のリーダーによる個別のフォローアップを行うと良いでしょう。また、様々なバックグラウンドを持つ中途社員が多い企業は、社内の雰囲気を良くするため、入社後の研修を通じてそれぞれの強みや得意分野について、お互いに理解し合える機会をセッティングするのも有効です。

社員教育の目的は、研修などを通して新入社員が自分で仕事をして会社の利益に貢献できるようになるということです。社員の主体性を伸ばすことが重要になります。