初心者でも作れる?ECサイト制作に必要なサービスの特徴と効果的な作り方

サイト作りの種類と特徴

インターネットの利用者の増加が一途を辿る中で、ネット上にお店を開く人も増えています。ECサイトと呼ばれるお店の製作はASPとオープンソースの2種類の選択肢から選ぶのが基本です。一見するとどちらも同じように感じられますが、デザインの自由度や運営に掛かるコストなど細かい部分に違いがあります。ASPは決められたテンプレートの中からしかデザインが選べませんが、無料の物も多く、費用面でもメリットが得られるのが特徴です。オープンソースはサーバーの利用にコストが掛かってしまう反面、デザインに制限がないので自分のオリジナルのサイトを作りやすいのが魅力になります。

ASPを使ってサイトを作る手順

ECサイトを作るに当たって最初に行うのがURLの作成や管理のためのパスワードなどの基本設定です。お店のURLは利用者がサイトにアクセスをするために必要となるので、お店の特徴を表すものを含めるのが集客の秘訣になります。設定が終わったら次はサイトのデザイン作りです。デザインと言っても背景やカラーの選択をするだけなので、専門的な技術や知識は必要ありません。デザインが決まったら最後は取り扱う商品の登録作業です。とはいえ、ただ商品を登録するだけではお客さんの興味を引くことはできません。興味を持たせるためには、販売価格はもちろん、商品の詳しい説明文なども書くことが大切です。可能であれば商品の画像も一緒にアップすると、購入後に使うイメージがしやすくなって購買意欲を刺激することができます。

扱いやすいと評判なのが、通販システムのパッケージです。料金や配送方法など、様々なプログラムを簡単に設定できます。