iphoneが壊れた!修理ってどうすればいいの!?

状態のチェックから落ち着いてやっていこう

iphoneが壊れてしまった!となると、どうしても慌ててしまいがちですがまずは落ち着いて、どのように壊れてしまったのかを見ることが大切です。
例えば、アプリがうまく動かないというものであれば、最新版を確認したり本体を再起動したりすることで治る場合もあります。また、画面が割れてしまった、音が出なくなったなどのトラブルの場合には修理が必要になります。修理をする場合には、正規取扱店に持ち込む、修理専門業者に依頼する、自力で行うなどのやり方があります。
保証に加入している際には正規取扱店に持ち込むのが一番です。一方で、中古で買ったり保証を付けていなかったりする場合などには修理業者の方が気軽な場合もあります。自力で材料などを集めて修理することも可能ですが、これにはかなりの技術的な知識と器用さを求められます。なお、正規取扱店以外の場合には失敗してもそのリカバリができない場合もあるので、価格と秤にかけて判断することが必要です。

故障を避けるためには

故障そのものを防げば修理自体しなくて済むので普段から大事に扱うことも大切です。まず手軽に行えて効果が高いのは画面にフィルムを貼ることです。指紋がつくのを防ぐ、横から覗かれないようにプライバシーを守る、割れた時にけがを防ぐなどの効果を得ることができてコストも安いのでお勧めです。かさばってしまうなどの理由で避ける方もいますが、ケースで覆って利用することも有効です。手元から落としてしまっても衝撃を吸収してくれますし、傷がつきづらくなるので綺麗に保つことができます。

iphoneの修理を依頼する時、料金だけを見て非正規店を選ぶことは賢明とは言えません。非正規店では粗悪な部品を使用していることもあり別の故障の原因になることもあるからです。