ホームページを作るにはどうしたらいい?基本的な作成方法について

ホームページの基本的な作り方

ホームページを作りたいが、どうやって作ればいいのか迷うという方は多いでしょう。その場合、自分がどんなホームページを作りたいかによっても話は変わってきます。ホームページの作成手段には主にHTMLとCSSという言語とコードを使って作成するか、ホームページ作成サービスを利用するかのどちらかです。また、ホームページには、現実でいう住所となるドメインとファイル置き場となる場所であるサーバーの二つを用意する必要があります。

自分のホームページを作る以上、しっかりと作り込みたいという人はHTMLとCSSの勉強をして作ると良いでしょう。しかし、まったくの初心者で、簡単に自分のホームページを持ちたいという考えであるのならば、HTMLとCSSの勉強をしないでホームページ作成サービスに頼った方が手早く作れるでしょう。

また、ホームページを自分で用意する場合、ドメインとサーバーを用意するために実費が掛かりますが、ホームページ作成サービスの場合、無料で使えるものが多いのも初心者向けであると言えます。

ホームページを作るうえでの基本的な注意点

ホームページを作る際、気を付けたい基本は誰に見せたいのかを意識しておくことです。もしもイラストを描いている仲間にそれを見せたかったり、あるいは企業への紹介としてホームページを作りたいのであれば、イラストを前面に押し出したページにする必要がありますし、実績などが知りたい人がすぐに調べられるような分かりやすいページにする必要があります。初めて作るホームページの場合、力が入り過ぎて、いろいろ置きたくなるのは分かりますが、ホームページを見に来た人が何を求めに来たのか、それが分かりやすい場所にあってすぐ見られるようになっているかは意識しておきましょう。

ホームページ制作には最低限、HTMLとCSSの知識が必要です。ですが多くのひな形が無料配布されており、画像やテキストをはめこむことで、自分だけのオリジナルが簡単に作れてしまいます。