スマホを水没させてしまった時の対処と防水加工について

水没させたスマホの復旧方法

スマホを水没させてしまった場合、まず最初にやるべきなのはSIMカード、SDカードを抜くことです。この部分がショートするとデータが失われてしまうので、急いで取り出して水分をふき取りましょう。電池パックも取り出します。その後はスマホの水分をふき取り、イヤホンジャックやUSB端子なども綿棒やティッシュを使ってできるだけ水分取り除きます。水分をとったらスマホを乾かしましょう。スマホを乾燥剤と一緒に袋に入れて密閉するのが有効です。乾燥剤がなければ生米と一緒に密封したり、日陰で干ししたりすると良いです。しっかり乾燥させてからスマホを修理に出しましょう。スマホを水没させた時ににやってはいけないのが電源を入れることです。電源を入れるとショートしてしまう可能性があるのでやめてください。水没してしまった時は慌てずに適切な対処をとることが重要です。

スマホを防水加工して故障から守る

スマホの水没による故障を防ぎたいのなら、防水加工を施してみるのも一つの方法です。スマホ修理業者の中には防水加工を行っている所も多いです。防水加工には、特殊なシートを外面に張り付けるものや基盤に水が入らないように内部に防水処理を施すものなど、さまざまな種類の方法があります。業者によって加工方法が異なるので、どんな加工を実施しているのか確認したうえで依頼するようにしましょう。防水加工はあくまで水没しても故障しにくくするためのものであり、水中で使えるというわけではありません。スマホが濡れてしまった場合では、防水加工をしていても必ず乾燥させてから使用するようにしましょう。

スマホ修理は、液晶パネルや充電端子の交換に加えて、端末の起動に必要不可欠な基板や電池などの交換修理も行っています。