プライバシーはいとも簡単に流出してしまうもの!

知らないうちに知られてる

壁に耳あり障子に目ありという言葉通り、プライバシーの保護に関しては徹底した対策が必要になります。人が集まっている場所でスマホ片手に電話をしている時など話の内容は丸聞こえですし、混雑した電車の中でスマホの画面を覗き込むことも簡単にできます。自分だけしか知らないような秘密でも意外と外部に簡単に漏れていることも多いです。自分の名前や住んでいる場所、明日の予定、好きな趣味なども電話越しに全て他人に漏れているかもしれません。プライバシーを保護するためには常に気をつけなければならないのです。

インターネットを経由して…

物を盗まれてしまうというのは、単なる盗難にすぎないかもしれません。しかし、盗まれた物に情報が含まれている場合は、プライバシーの流出に繋がります。そのものに対する思い入れが深いものほど、本人にとってはプライバシーの損失です。プライバシーに関する情報がインターネットを経由してしまうと、瞬く間に広がってしまいます。ネットを利用する方が多い分、プライバシー流出の被害も増え続けることになるでしょう。SNSもよく利用するという方は、スマホやパソコン内のデータにロックをかけるなりの対策が必要です。

悪用される恐れがある

持ち物を失くさないようにすることもプライバシーの流出を防ぐ方法として有効です。自宅でない場所に持ち物を置く時は、必ずロッカーに保管するように心がけるべきです。鞄の中身が一つ二つ取られてしまっても気がつきません。単なる所有物ではなく、情報が入っているカードだったり通知書だったりすると悪用されてしまう恐れがあります。

シュレッダーで縦にリボンのように切るのをストレートカットと言いますが、これは裁断した用紙を復元しやすいので機密性は高くありません。より高い機密性を求めるなら縦横に切るクロスカットがおすすめです。